光熱費が浮いた?意外と知らない2重窓について

double_window
今回、私の元にこのようなお客様からのご相談が寄せられました。二重窓にすると光熱費の節約が出来るかどうか。ということです。

二重窓は非常に有効な防熱性を獲得できる有効な手であります。意外と知られていない事ではございますが、冬場の室内に充満する温かい空気も窓からの冷気に侵されて、イマイチ防熱性が実感できないといった家のお話もよく耳にします。これは単層ガラス(フロートガラス)を用いた家によくある事で、窓ガラス一枚の先が冷たい空気の為に折角の温かい空気が冷たい空気に変わっていってしまうのです。そして単層ガラスで最大の敵は結露でございます。温度差によって生まれた結露はサッシを伝い、木製の壁などを濡らす事によって腐食を促し進行し、家に少なくない傷跡を残してしまうのです。

これを二重窓にすると、実は沢山の問題が解決します。

会社概要 – 東大阪のガラス修理屋さん

窓が二重になるので(窓の種類にもよりますが)内窓から温かい空気が外の冷たい空気に侵される事もなく、温かい空気を保ち続けます。そして単層ガラスでは音が外部に漏れていたのが、窓が二重になった事により音の振動が漏れにくくなり、より快適になります。そして、外窓を防犯性の高い物にすればより安心にも繋がります。

二重窓は様々な問題を一気に解決できる、ご家庭の味方になれるので非常にオススメです。問題の光熱費も、暖房器具を高い出力で稼働させなくてもいいので、非常に経済的です。お困りの方は近くの工務店、業者の方にご相談してみるのがよろしいのではないかと思います。